香典の表書きの書き方!香典袋にも種類がある

香典の表書きは、宗教や宗派などの形式によって違います。思わぬトラブルを避けるためにも事前に宗教や宗派を確認しましょう。宗教を問わない表書きの書き方があるので紹介します。

仏式では、四十九日の法要までが「御霊前(ごれいぜん)」、それ以降は「御仏前(ごぶつぜん)」、法要のときは「御香料(おこうりょう)」となります。

しかし、浄土真宗には霊の存在がないので「御仏前」が適切な書き方となります。

神式では、「御神前(ごしんぜん)」や「御榊料(おさかきりょう)」、「御玉串料(おたまぐしりょう)」となります。

キリスト教式は、「御花料(おはなりょう)」となります。無宗教のお別れの会や偲ぶ会のときは、「御供料(おそなえりょう)」と書きましょう。

御供料は、仏式や神式、キリスト教式、無宗教などを問わず使える書き方です。故人の好きだったものを供えて下さいという意味になります。

香典袋の種類と中袋に注意


宗教や宗派などによって、表書きが違うように香典袋の種類も異なります。

事前に通夜や葬儀の形式を確認するのは、失礼にあたりません。正しい形式の香典袋を用意しましょう。

仏式の香典袋には、蓮の花の模様が描かれているものがあります。日本では、仏式が圧倒的に多いので市場に出回っている数が多いです。

印刷されている文字にも気をつけないといけません。浄土真宗のときには、「御霊前」が使えないので、「御仏前」と印刷されているものを選びましょう。

神式の香典袋には、双白の物を使用し双銀の水引を付けて贈ります。表書きにも注意が必要です。

キリスト教式は、香典袋の色の決まりがありません。水引はあってもなくても大丈夫です。表書きを「御供料」や「献花料」にすると、カトリックでもプロテスタントでも通用します。

香典袋に中袋が付いていることがあります。中袋の表の中央に金額を漢数字で縦書きします。中袋の裏には、郵便番号と住所、氏名を書きます。

香典袋は、悲しみの心を表したり、悲しみを流すという意味を込めて上からの折り返しを上に重ねます。

香典の渡し方


香典は、ふくさに包んで持参しましょう。相手に差し上げるものなので、汚したり折ったりしないようにします。だから、香典袋をむき出しで持参してはいけないのです。

たたんだふくさの上に香典袋を乗せて差し出すように渡します。慶事にも使える挟みふくさを用意すると便利ですよ。相手に対する心づかいが大切です。

仕事の都合で、通夜や葬儀に参加できないときは、弔電を打ったり遺族に弔意を伝えた上で参列する人に香典を預けて渡してもらっても問題ないです。

香典を預かった人は、預けた人の分の会葬御礼を受け取って、後で渡してあげましょう。

まとめ


弔事の表書きや香典袋は、遺族に宗教や宗派などを事前に確認してから用意しましょう。

○仏式

仏式の弔事の表書きは、四十九日の法要までが「御霊前」で、それ以降は「御仏前」となります。法要のときは、「御香料」でも問題ありません。浄土真宗の場合は、「御霊前」が使えないので注意しましょう。

香典袋には、蓮の模様が描かれていたり、白黒の結び切りの水引が付いているものが多いです。

○神式

神式の弔事の表書きは、御神前」や「御榊料」、「御玉串料」となります。香典袋は、双白で双銀の水引が付いているものを用意します。

○キリスト教式

キリスト教式の弔事の表書きは、「御花料」となります。香典袋の色に決まりはなく、水引はあっても無くてもかまいません。

宗教を問わず使える表書き「御供料」です。

香典は、相手に差し上げるものですから、折ったり汚さないように扱いましょう。ふくさに包んで持参し、渡すときは香典袋をふくさの上に乗せて差し出します。

正式な場で恥をかかないためにも覚えておくと便利な知識ですよ。



【スポンサーリンク】




【スポンサーリンク】


関連記事一覧はコチラ!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ