Tシャツの首元のヨレやスウェットの生地劣化を防ぐ洗濯方法

Tシャツは、半袖もロングスリーブともに人気で種類も豊富で1年中着ることができるアイテムです。比較的安いアイテムだからといって、手入れを怠るとすぐに傷んでしまいます。

着やすさ、動きやすさが特徴のスウェットは、アメカジの定番で部屋着としても人気があるアイテムです。洗濯による生地の劣化などに気をつける必要があります。

Tシャツの首元のリブのヨレやスウェットの生地を劣化を防ぐ洗濯方法があります。お気に入りのTシャツやスウェットを長持ちさせたいのなら、適切なケアを行いましょう。

■Tシャツ

Tシャツは首元のリブの伸びと黄ばみが気になります。リブがヨレヨレになってしまうと、レイヤードスタイルができなくなります。Tシャツを洗濯するときは、首元のリブ部分を輪ゴムでキツめに留めて洗うと、リブの伸びを防止できます。古典的な方法ですが、これがいちばん効果的です。

Tシャツの黄ばみは、洗剤を入れた水を鍋で煮込んで落とすと良いと言われております。プリント部分がある場合、溶けないように確認しながら煮込みましょう。

黄ばみの原因皮脂です。人は汗をかくので黄ばみを避けるのは難しいです。出来るだけケアをして、Tシャツの黄ばみを防ぎましょう。

■スウェット

スウェットは洗濯によって生地が劣化します。洗濯する際は、ネットに入れると生地の傷みを防ぐことができます。着古された古着のスウェットなどは、生地が薄くなっているものが多いので特に取り扱いに注意しましょう。

クリーニング屋などでもらう細いハンガーだと、Tシャツに跡がついてしまうことがあるので、厚めのハンガーを使って干すと型崩れしにくいです。

Tシャツやスウェットの生地の劣化や色落ちを防ぐにはネットに入れて洗濯しましょう。首元のリブを輪ゴムできつく縛って洗濯すると簡単にリブのヨレを防止することができます。

黄ばみの原因は汗や皮脂です。衣類を長持ちさせるには、常に清潔な状態に保ちましょう。ヴィンテージ品でもちゃんと洗濯することが大切です。

余談ですが、古着のスウェットを購入するときは、洗濯による生地のダメージがないか、汚れやすい袖口や肘部分にシミがないかをチェックしましょう。

Tシャツやスウェットは、着用頻度が高いアイテムだからこそ、細かいケアで必要です。洗濯方法に気をつけて、寿命を延ばしましょう。



【スポンサーリンク】




【スポンサーリンク】


関連記事一覧はコチラ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ