ジーンズは洗う?洗わない?パンツ類のお手入れ方法

ジーンズはどのくらいの頻度で洗うのか?それとも洗わないのか?

よく見かける質問ですね。これは各個人の考えが大きく左右すると思いますが、古着のジーンズやヴィンテージものなどは事情が異なります。

そこで、今回は一般的なジーンズの洗うタイミングや洗い方、他のパンツ類のお手入れ方法を紹介します。

ジーンズを洗う頻度は個人の判断で問題ないです。基本的に汚れたら洗濯をして清潔な状態を保たないと生地が劣化して、ジーンズが脆くなります。

ジーンズは洗濯するたびに色落ちしてくるのが問題のひとつです。ジーンズの色落ちはデニム専用洗剤を使ったり、裏返して洗濯したり、陰干しで対応します。デニム専用洗剤の入手ができないときは洗剤を少なめで洗濯しましょう。逆にジーンズの色落ちを楽しみたい場合は、何も気にせずガンガン洗濯しましょう。

古着のジーンズやヴィンテージものは、すでにダメージを受けているものが多く、なるべく洗濯の回数を減らしたいですね。着用して汗をかいたら裏返して陰干ししましょう。しっかり乾燥させることによって、雑菌の繁殖を防ぐことができます。臭いが発生したり、皮脂などの汚れがひどい場合は、裏返して洗濯します。表面の色落ちを抑えるテクニックです。

スラックスチノパンは、ジーンズと違ってアイロンがけが肝心です。スラックスを穿いたあとは、生地を乾燥させてから汚れをブラシで落とします。それでも落ちないときは、洗剤をつけた布で汚れを拭き取りましょう。

着用後はアイロンのスチームを当てて、シワをしっかり伸ばします。型を整えた上でハンガーに掛けましょう。シワシワのスラックスは、だらしなく見えるのでこまめな手入れが必要です。

チノパンも洗濯して、スラックスと同様にアイロンをかけましょう。シワができないようにハンガーに掛けましょう。プリーツのあるパンツは、クリーニングに出してプロに任せるのが賢明です。

パンツ類を収納するときは、二つ折りに畳んで収納ケースやタンスにしまうか、ハンガーに掛けてクローゼットにしまいましょう。折り目の日焼けには注意が必要です。

ジーンズも他のパンツ類と同様に汚れたら、洗濯をして清潔な状態を保ちましょう。いくらお洒落なジーンズでも臭いを発していたら意味がありません。色落ちを避けたいときは、裏返して洗濯し陰干しです。

潔癖性の方は穿くたびに洗うのが基本ですし、ジーンズを洗うタイミングや頻度は人によって異なります。

ジーンズを洗わない派の人はあくまでも常識の範囲内で考えましょう。



【スポンサーリンク】




【スポンサーリンク】


関連記事一覧はコチラ!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ