香典の相場は?香典返しは?新札は避けるべき?

香典の金額の相場は?

香典金額は、故人との関係や付き合いの深さ、自分の立場などを考慮して決めます。香典は、のしが付いていない不祝儀袋に現金を納めて持参します。

不祝儀袋は、包む金額に見合ったものを選びましょう。

仏式の場合、1万円以上は双銀の水引が付いたもの、5000円以上のときは黒白の水引が付いたものを選びましょう。3000円程度のときは水引が印刷された略式の不祝儀袋に納めるのが目安とされています。

では、香典の金額の相場はどうなっているのでしょうか?

香典の金額の相場


・両親 → 30,000円〜100,000円
・兄弟姉妹 → 30,000円〜50,000円
・祖父母 → 10,000円
・伯叔父母 → 10,000円 
・その他の親族 → 10,000円
・友人・知人 → 5,000円〜10,000円
・友人・知人の家族 → 5,000円〜10,000円
・勤務先の上司 → 3,000円〜10,000円
・勤務先の同僚 → 3,000円〜10,000円
・勤務先の部下 → 3,000円〜10,000円
・勤務先の社員の家族 → 3,000円〜5,000円
・取引先関係者 → 5,000円〜10,000円
・隣近所 → 3,000円〜5,000円

あくまでも相場の金額です。金額に迷ったときは多めに包んでおいた方が無難です。故人との関係や付き合いの深さや自分の年齢や立場を考慮しましょう。

香典の金額は、祝儀と同じように奇数にするのが一般的なマナーとされています。

香典返しの目安は?

香典返しは、四十九日などの忌明け(きあけ)に忌明けの挨拶状と一緒に贈るのが一般的です。忌明けではなく、葬式の当日に渡す「即日返し」もあります。

香典返しは、香典の半額程度の金額の品物を贈る「半返し」か3分の1程度の品物を贈ります。

香典返しの金額は、家庭の事情によって異なります。家計が苦しいときは3分の1にしたり、忌明けの挨拶状に理由を書いた上で香典返しを省略することもあります。

香典返しは、一般的に「半返し」が目安と覚えておくとよいでしょう。

香典に新札は包めるの?

香典袋に新札を包むのは、亡くなるのを待っていて、あらかじめ新札を用意していたと解釈されることがあるのでマナー違反とされています。

しかし、最近の見解は変わってきたようです。香典は、人に差し上げるものですので、清潔なものを渡すのは決して悪くない行為です。

ヨレヨレのお札を受け取るよりも新札を受け取る方が気分がよいはずです。最近では、香典として新札を包むことは問題ないとされています。

新札を入れるのに抵抗がある人は、新札の角などを1カ所折って、折り目をつけてから香典袋に包みましょう。

明らかに汚れていたり、ヨレヨレのお札を包むのはマナー違反となります。

まとめ

香典の金額の相場は、故人との関係や付き合いの深さ、自分の年齢や立場をふまえて決めます。金額に迷ったときは、相場より多めに包んだり、同じ立場で参列する人に相談しましょう。

香典の金額は、祝儀と同じように奇数にするのがマナーです。香典として新札を包んでも問題ありません。汚れていたり、ヨレヨレの旧札を包むのはマナー違反です。

香典返しは、香典の半額の品物を贈る「半返し」が基本です。家庭の事情によっては、3分の1返しや忌明けの挨拶状に理由を書いた上で香典を省略することができます。

以上が覚えておくと便利な香典に関連するマナーです。



【スポンサーリンク】




【スポンサーリンク】


関連記事一覧はコチラ!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ