肥満の原因は自律神経!ダイエット効果が出ない理由

いくら食事に気を使っていても、いくら適度な運動をしてダイエットをいても肥満を改善できない人がいます。

多くの肥満者は自律神経の働きが鈍いと言われています。ダイエット効果が出ない人は、自律神経の働きを改善する必要があります。

そこで今回は肥満と自律神経の関係について説明したいと思います。

肥満に大きな影響を与えるのは自律神経の働きです。人間が体温を調節をしたり、血圧を維持したり、食欲をコントロールできるのは全て自律神経が正常に働いているおかげです。

自律神経には交感神経副交感神経の2種類があります。簡単に説明すると、交感神経は体の活動を活発にしてエネルギーの消費を促します。副交感神経は栄養を吸収して体に蓄えるよう働きかけます。

肥満者の多く人がこの交換神経の働きが低下している傾向があります。つまり、交感神経の働きが鈍い人は吸収した栄養をエネルギーとして消費しきれないので太っていくのです。

自律神経の活動が活発な人と比べると、自律神経の活動が鈍い人は同じものを食べたり飲んだりしてもエネルギーの消費を促す交感神経がうまく働きません。したがって、次第に太っていきます。

また、自律神経の活動が鈍い人は冷え性であったり、手足が急に熱くなったり、立ちくらみが起こりやすいという特徴もあります。

自律神経の活動が鈍い人は、いくら努力してダイエットに励んでも根本的な原因である自律神経の活動を改善しなければ意味がありません。だから、野菜を多めに摂取する食事や朝昼晩の三食をバランスよく食べることを心がけていても肥満が一向に改善されないのです。

年齢を重ねるにつれて太りやすくなるのは仕方がありません。なぜなら、加齢によって自律神経の働きは次第に鈍くなるからです。しかし、自律神経を働きを活性化させるための方法はあります。

食生活やライフスタイルを改善することによって太りにくい体質に改善することは可能です。まずは肥満と自律神経の関係を理解することが大切です。

太りにくい体質を手に入れるためには自律神経の働きをを活性化させましょう。

後日、自律神経を活性化させる食事の取り方やトレーニング方法を紹介させて頂きます。



【スポンサーリンク】




【スポンサーリンク】


関連記事一覧はコチラ!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ